高嶋ちさ子の年収とヴァイオリンの値段は?ストラディバリウスって何?

持っているヴァイオリンの種類と値段は?

種類

高嶋ちさ子さんが持っている
ヴァイオリンの中で一番有名なのが

1763年製ストラディバリウス
(愛称:ルーシー)

ではないでしょうか?

300年程前の楽器というのは本来、
冬は乾燥で痛み、夏は湿気でやられる。

といった感じで楽器屋さんのお世話になる
回数が非常に多くなるものですが、

このルーシーはほとんど楽器屋さんのお世話に
なったことはないそうです。

その代わり、一日弾かなかっただけで
拗ねて機嫌を損ねてしまうそうです (笑)

この辺りの詳細な話はこちらの書籍に
書かれているので興味のある方は
読んでみてはいかがでしょうか?

ヴァイオリニストの音楽案内100クラシックの名曲を聴く【電子書籍】[ 高嶋ちさ子 ]

価格:750円
(2018/2/27 14:55時点)


こちらは2冊の書籍をまとめて改稿したもの
になります。

クラシックの曲の解説も入っています。

値段

気になるルーシーの値段ですが、
こちらは正確な価格は公表されていませんが

テレビ等では2億円程度と発言している
ことから、その辺りの価格帯になりますね。

もうそこまで行くと数十万円ですら
端数になっちゃって、
良く分からない世界ですね・・・

年収は?

2億円の楽器をレンタルではなく
個人所有できるほどの稼ぎって
一体どれくらいなんでしょうね?

しかし、調べてみても中々有力な情報は
見つかりませんでした・・・

かなりガードが堅いようです。

通常プロのオーケストラの正団員だと
平均で月収40万円程度ですから、

年収で500万円程度になります。

しかし

楽器の価格もそうですが、
それを維持管理していくお金も当然必要ですから
年収数千万円はあると思います。

中にはストラディバリウスのための
セキュリティ強化で自宅マンションを
大改造した方もいらっしゃいますからね (笑)

美人ヴァイオリニスト岡部磨知の三股疑惑や学歴はこちら

美魔女ヴァイオリニスト川井郁子の年収や旦那はこちら

まとめ

今回はヴァイオリニスト高嶋ちさ子さんに
ついて書いてみました。

高嶋ちさ子について

  • 6歳からヴァイオリンを始める
  • 1997年に日本に本拠地を移した
  • 2006年に12人のヴァイオリニストを企画・プロデュース
  • 所有楽器「ルーシー」は2億円
  • 年収は推定数千万円

ストラディバリウスについては

  • 作った人の名前
  • 特に父アントニオが17世紀~18世紀にかけて製作したものが有名
  • 最高落札額は12億超え
    (ただし直接取引の方が多いので本当の最高取引額ではない可能性がある)
  • 高い楽器が必ずしも良い音色とは限らない

この様な内容でしたね!

それにしても2億円の楽器・・・
どこかに転がってませんかね (笑)

スポンサードリンク







この記事が気になった方はシェアお願いします!

フォローする