石垣島にいる外来種イグアナ、他にも危ない奴がいた!?猛毒カエルとは?【鉄腕DASH!!】

1月21日に放送の鉄腕DASH!!

グリル厄介にて石垣島の外来種

について紹介されます。

石垣島の恐竜という事で、

グリーンイグアナが登場しますが、

調べていると、他にも危ない奴がいたので

紹介したいと思います!

そもそも外来種とは?

その前に、まずは外来種とはなんなのか

おさらいをしましょう

外来種(がいらいしゅ)とは、
もともとその地域にいなかったのに、
人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のこと。
(wikipediaより引用)

ペットとして輸入したり、

貨物コンテナにくっついて来たり等々

理由は様々ですが、

それによって元々いた生物たちの

生命が脅かされています。

石垣島の恐竜、イグアナについて

さて、石垣島の外来種として

有名な要注意外来生物イグアナさんですが、

中南米や西インド諸島が原産で、

石垣島は年中暖かい気候ということもあり、

イグアナにとってとても住みやすい優良物件だった為

個体数がどんどん増えていった経緯があります。

サイズは、

幼体だとトカゲサイズですが、

成体になると2m程度にもなります。

そんなのが近付いてきたら怖いですね・・・

石垣島では1990年代後半辺りから

目撃情報があります。

年数が経っていることもあり、

地元の方たちはトカゲ釣りという方法で

簡単に捕まえることができるそうです。

個体数も多いので見つけるのも簡単そうですね。

ちなみに食べると美味しいらしいので

ぜひいかがですか?

猛毒カエルの正体とは?

イグアナの他にも石垣島には外来種がいます。

その中でも特に危険なのが、

猛毒を持つ大型のカエル

(体長15cm程度)

オオヒキガエル(学名Bufo marinus)です。

出典:wikipedia

学名にもmarinusがある様に、

海水にも強いことが特徴です。

国際自然保護連合(IUCN)という組織により

世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれています。

やばいです!

日本が侵略されてしまいます・・・!!

原産地

アメリカ南部から中南米辺りが原産となります。

なお、原産地では22cmの個体が発見されています。

サトウキビ畑の害虫を駆除する目的で

世界中で導入され、1932年にハワイ、

1935年にオーストラリアなどに持ち込まれました。

日本では

  • 小笠原諸島
  • 大東諸島
  • 石垣島
  • 鳩間島
  • 西表島

などで生息が確認されています。

現在も確実に勢力を広げていると思います。

害虫駆除って・・・

なんか、ハブとマングースを思い出しますね・・・

繁殖

オオヒキガエルは

1度で8,000~17,000個程度の卵を産み、

年間を通して繁殖が可能です

卵は早いと1日で孵化し、オタマジャクシになります。

オタマジャクシは1ヶ月ほどでカエルの姿へと変態し、

1年程度で成体になります。

オオヒキガエルは食欲が旺盛で、

目的の昆虫だけでなく

  • 他のカエル
  • ネズミなどの小動物
  • ヘビ
  • ペットフード

等々何でも食べてしまいます

毒性

アルカロイドを主成分とする猛毒(ブフォテニン)を持っており、

目に入ると失明

体内に摂取すると心臓麻痺等を引き起こす

見た目は、牛乳のような白い粘液です。

海外では、
食用と間違えたのか、実際に食べてしまい
死亡した事例も存在します。

なお、厄介なことに

卵嚢や幼生(オタマジャクシ)

毒を持っている周辺の水も毒に汚染

されてしまいます。

ちなみに、

アルカロイドの中には

フグ毒で有名なテトロドトキシンも含まれています。

被害

小型種は捕食され、

大型種は本種を食べることにより毒で死滅する。

繁殖している水辺では周辺の生き物が毒に侵され死滅する。

侵略的外来種に指定されるのも納得のヤバさである・・・

お互いが出会わずに目的を達成できない

ハブとマングースとは逆に、

出会ったものを片っ端から駆逐していく奴なのです・・・

現にオーストラリアでは、

固有種のオーストラリアワニ

オオヒキガエルを捕食することによって、

大量に死亡し絶滅する恐れがでています。

駆除の方法

もちろん何もしなかったわけではなく、

色々な方法を考えて実践してきました。

冷凍して安楽死させる

薬剤を散布する

等があげられます。

海外では、

ゴルフクラブで叩き殺すという方法を考案しました。

(現在は禁止されていますが、

私はこの方法だけは絶対やりたくないです・・・)

最後に

オオヒキガエルが

日本に定着してかなりの年月が経ちましたが、

未だに有効な手段が見つかっていないのが現状です。

イグアナやオオヒキガエルもそうですが、

まずはペットとして飼ったのであれば

身勝手な事をしない。

手に余るようであれば適切な方法で

処理することを考えましょう。

それができないのであればそもそも

飼うなんてことはしてはいけないと思います。

少し前にニュースになったヒアリもそうですが、

(こちらは貨物コンテナに付着が原因でした)

まずは外来種に対しての知識をしっかり持つ

というところから始めるのが良いのではないでしょうか

スポンサードリンク







この記事が気になった方はシェアお願いします!

フォローする