Macを使う上でファンクションキーは使わない!?

この記事が気になった方はシェアお願いします!




最近新しいMacBook Proを購入したので、

Macのショートカットについて少しお話ししたいと思います。

購入時の記事はこちら

ファンクションキーはいらない

Windowsから乗り換えた方はファンクションキーをとても使いたがるが、

私は10年近くMacを使ってきて、未だにファンクションキーを使ったことがありません。

(もちろん仕事先でWindowsを使うときは使ってます)

ファンクションキーは主に、

  • F7のカタカナ変換
  • F8の半角カタカナ変換
  • F10の英字変換

の3つかと思います。

しかし、これではホームポジションから遠い上に、

touch ID搭載のMacBook Proなどでは

そもそもデフォルト状態でファンクションキーは表示されていない。

ではどうするかというと、controlキーを使います。

Macの場合はcontrolキーはAの左横にあります。

  • control + J(ひらがな変換)
  • control + K(カタカナ変換)
  • control + L(全角英字変換)
  • control + ;(半角カタカナ変換)
  • control + :(半角英字変換)

この様になります。

Aの隣にある為、ホームポジションを一切崩すことなく各種変換が可能です。

  • 上記のショートカットは、以下の設定を行った場合のものになります。・半角カタカナを有効にする。
    (無効の場合はcontrol+;が半角英字になります)
    ・Windows風のキー操作のチェックを外す
    (チェックしてある場合はU〜@がそれぞれに対応するキーになります)

スポンサードリンク

まとめ

Windowsを使っているときはファンクションキーは無いと大変ですが、

Macでは完全にいらない子扱いされています。

もちろん、設定によって常にファンクションキーを優先したり、

fnキーを使うことでファンクションキーを使用することはできますが、

ホームポジションから遠いキーを使うよりも、

今回紹介したショートカットを使う方が効率が良いのでは無いかと思います。

もちろん慣れもある為一概には言えませんが、

知らなかった方は試して見る価値はあると思います。

スポンサードリンク







この記事が気になった方はシェアお願いします!

フォローする