全角英数字は本当に必要なの?半角英数字で良いのに存在意義って何?必要性は?

この記事が気になった方はシェアお願いします!




こんにちは、”一”です。

パソコンや携帯、スマートフォンで
文字を打つ際に英数字を使うことも
ありますが、そこで出てくるのが

全角半角です。

なぜ二つに分かれているのか疑問に
思ったことはありませんか?

特に全角は端末によってはとても
入力しづらく、その必要性があまりない
ように感じられます。

今回はそんな全角の必要性、存在意義
について書いていきます。

スポンサードリンク

そもそも英数字ってなに?

英数字とは、その名のとおり

「英語」と「数字」です。

パソコン用語なので最近のタブレット世代?
の方はもしかしたら馴染みがないかも
しれませんね・・・

windowsのPCだと大抵左上に「半角/全角」
と書かれたキーがあると思います。

※Macでは英数字ではなく「英数」と
呼んでいます。

全角とは

全角とは、日本語入力をした際の一文字の
大きさ(横幅?)のサイズになります。
(漢字やかなと同じサイズ)

種類としては以下のものが存在します。
(機種によって差があります)

0123456789
ABCDEFGHIJK
LMNOPQRSTUV
WXYZ
abcdefghijk
lmnopqrstuv
wxyz

利点としては、日本語の途中で英数が
入ってもバランスが崩れることがない
という所ですね。

こんにちは
KONNNICHIHA

↑幅が同じなので綺麗に並びますね!

半角とは

その名のとおり全角の半分のサイズになります。

0123456789
ABCDEFGHIJK
LMNOPQRSTUV
WXYZ
abcdefghijk
lmnopqrstuv
wxyz

幅が半分になるので全角と同じ長さ
だと単純に2倍の文字数を書くことが
可能です。

ただし、フォントによっては固定幅では
なく文字によって異なるので結構ずれます。

こんにちは
KONNNICHIHA

↑綺麗に半分とはいかずに少しズレていますね。

※Mac等は固定幅になっているので
 全角同様綺麗に揃います。

スポンサードリンク

全角を使う場面

正直、全角でないといけない場面は
今ではほとんど見かけません。

たまにサイトの登録画面等で全角入力
必須のところがありますが、
それくらいですね。

しかも利用者目線でサイトを作ってくれて
いるところは半角で入力した後に自動的に
全角に変換されるところもあります。

こういった受け取り側の対処が可能な
ものは対応してほしいです。

特にiPhoneをはじめとしたApple製品では
英数字の全角入力が非常にやりづらく、
とても時間が掛かってしまいますよね。

正直私は全角入力が面倒で登録を諦めた
ことがあります。

全角自体が悪いわけではないですが
こんなことも・・・

エクセルやワード等のデータでたまに
全角と半角が入り混じっている書類を
見ますが

あれ、非常に見にくいですよね!

全角の方が綺麗に見える時もある!

実は半角よりも全角で入力したほうが
綺麗に表示される場面もあったりします。

正直これは人それぞれ基準やこだわりが
違うのでどっちでも良いだろと言われれば
それまでですが・・・

簡単なものを紹介すると、

ワード等でページ番号を入力する場合

普通ならフッターの設定画面で入力
しますが、こだわりのある人は手入力で
「-1-」の様に入力します。

この時の数字は全角です。

ただし、2桁になると
「-10-」
このように半角で入力します。

こうすることで等間隔になり、
見た目もきれいですよね!

そういうこだわりで全角と半角を
使い分けている人たちもいるというのを
知っていただければと思います。

スポンサードリンク

全角の必要性

とは言うものの・・・

やはり英数字はどちらかというと
半角の方が見た目も良いし
読みやすいですよね!

なぜなら海外で英語入力が基本の国
では全て半角だからです。

しかも、全角入力したものだと海外で
表示させると文字化けを起こして
まともに表示されません・・・

グローバル社会と言われている現代では
むしろ英数字の全角入力は封印した方が
得策のように思います

Apple製品も基本的には半角英数字が
デフォルトになっています。

全角入力しようと思うと変換候補の
中から探さなければいけないので時間が
掛かりますよね。

まとめ

今回は全角英数字について書いてみました。

  • 全角英数字を入力する場面はほとんどない
  • ただし体裁と整える為に敢えて全角を使うこともある
  • 海外では全角は基本使えない

全角は敢えて使うとき以外は使用しない
のが良いのではないかと思います。

スポンサードリンク







この記事が気になった方はシェアお願いします!

フォローする