投票用紙で使われているユポ紙。とても書きやすいけど、紙じゃないって本当?

この記事が気になった方はシェアお願いします!




選挙のたびに話題になる投票用紙の「書き味」ですが、

投票用紙の紙質によるところが大きいです。

では投票用紙はどんな紙を使用しているのでしょうか?

紙とは

まず、ユポ紙の話をする前に前提となる紙の定義について解説します。

紙とは、

日本工業規格 (JIS) では「植物繊維その他の繊維を膠着させて製造したもの

と定義されています。

原料は木などの植物なんですね。

ユポ紙

投票用紙には、ユポ紙という紙が使われています。

では名前に「紙」とあるユポ紙は紙なのか、と言われると

厳密に言うと、ユポ紙は紙ではありません

なぜなら、植物繊維を原料としていないからです。

では何を原料にしているのか、と言うとポリプロピレンを主原料としています。

ユポ紙とは、株式会社ユポ・コーポレーションの持つ登録商標であり、

同社製合成紙の商品名になります。

森林資源の保全を目的に開発されているため、原料に木材パルプは使用していないのです。

スポンサードリンク

どんな特徴があるの?

では書き味以外にはどんな特徴があるのでしょうか?

もちろん使っていて一番実感できるのは間違いなく「書きやすさ」です。

それ以外にも、原料がポリプロピレンなので、耐水性に優れていて、少し濡れた程度では

強度の低下などがほとんどありません。

実際外で汗を書く仕事をしている人等は、汗で濡れて破れてしまう可能性があるため、

メモ帳にユポ紙を使用している人もいます。

更に、引張弾性が強く、合成樹脂フィルムの様に若干伸びる特性があります。

厚みの種類も豊富で、50種類以上のバリエーションがあります。

もちろんそれぞれに印刷性や風合いも違うので、

好みの厚さを選ぶのも楽しいかもしれません。

そして、投票用紙に使われている一番の理由ですが、

折ってもすぐに開くということです。

普通の紙だと折ったら折れた状態でそのままですが、

ユポ紙は時間経過とともに徐々に開いていくのです。

そのおかげで作業性がアップし、即日開票ができるんですね。

欠点

素晴らしい様に思えるユポ紙ですが、もちろん欠点もあります。

やはり紙よりも多少割高です。

ですが、メリットを考えると妥当かなと言える範囲ではあります。

そして、原料がフィルムの為、吸水性が無いのです。

どういうことかと言うと、水性ペンの筆記や捺印ができません

水性ペンは書いても触れれば簡単に消えてしまいますし、捺印も同様です。

(水性ペンではそもそも書けない場合もある)

ちなみに、油性ペンも書いてすぐだと消えてしまうので、

乾くまで(数秒ですが)待たないといけません。

インクジェットプリンターでも印刷は可能ですが、

インクの乾燥がしにくいので印刷時は気を付けないといけません。

ただし、最近ではそれらの対策を施された商品も出てきていますので、

そういったものを使えば欠点はほとんどなくなります

まとめ

  • 植物繊維ではなくポリプロピレンが原料
  • 折ってもすぐ開くので投票用紙に向いている
  • 耐水性がある
  • 水性ペンや捺印、印刷は要注意

工事現場や外回りの営業の方で、鉛筆(シャーペン)しか使わないという方であれば

とても良いものだと思います。

ぜひ一度使って見ることをおすすめします。

スポンサードリンク







この記事が気になった方はシェアお願いします!

フォローする