高速道路で降りるICを間違えた!特別転回はどうするの?

どうも、はじめです。

ドライブツーリングをしていて、
道を間違えてしまったことは
誰しもあるのではないでしょうか?

今回は高速道路で反対方向へ行って
しまった際や出口を間違えてしまった時に
お金を払わずにUターンできる方法
ご紹介したいと思います!

高速道路で道を間違えたらどうする?

実は私もつい最近道を間違えてしまって
特別転回(Uターン)を実施したのでその時
どうやったかをご説明いたします。

私の場合は進行方向を間違えて直進して
しまったパターンとなります。

いやほんとめっちゃ焦りました (笑)

降りるICを間違えたら特別転回をしよう!

まずは私が実際に道を間違えた時に
たまたまカメラを回したままにしていたので
そちらの動画をご覧ください!

いかがだったでしょうか?

特別転回」という言葉を忘れてしまった
としても係りの方に

  • 道を間違えた事
  • 降りる予定だったIC等

を伝えれば対応してもらえるので安心です。

特別転回の方法

では特別転回の方法について詳しく
見ていきましょう!

道を間違えた!
と思ったらまず次の出口(料金所)へ向かいます。

そこで必ず一般レーンへ行き、係りの方に
道を間違えた事を伝えてください。

その場でUターンできる場所があれば
そこへ誘導してもらえますが、
もし出来なければ次のICまで行って
Uターンしてくることになります。

次のICまで行く場合はそこまでの料金を払い、
特別転回の処理をした証明書を受け取ります。

この時払ったお金は戻って来た時に
返してもらえますが、
30分以内に戻れなければ無効になって
しまうので注意が必要です。

Uターンして帰って来たら証明書を渡し、
払ったお金を返してもらって終了です。

ETCレーンではなく一般レーンを使おう!

特別転回の方法は分かりましたか?

思っていたよりは難しくなかったと思います。

ただし、ここで絶対に注意しないと
いけないことがあります。

それは、一般レーンに行くという事です。

ETCを普段から使っている方はどうしても
無意識にETCレーンに向かってしまうのです。

ETCレーンには係員はいませんし、
止まることもNGです。

特別転回を使うときは必ず一般レーンを
使うようにしましょう!

まとめ

今回は高速道路で道を間違えた時の対処法
特別転回について書いてみました。

  • 必ず一般レーンを使う
  • 道を間違えた事を伝える
  • 一旦お金を払う必要がある
  • 時間制限がある

もし道を間違えてしまった場合は
ぜひこの制度を利用しましょう!

最後までご覧いただき
ありがとうございました!

スポンサードリンク







この記事が気になった方はシェアお願いします!

フォローする