月末金曜日プレミアムフライデー2018年は実施してるの?目的は達成した?最近聞かないけどどうなった?

この記事が気になった方はシェアお願いします!




こんにちは、”一”です。

みなさん、突然ですが
プレミアムフライデーを覚えていますか?

最近は滅多に聞かなくなりましたが、
今でも行われているんでしょうか?

スポンサードリンク

そもそも目的は達成したのか?

どんな課題問題点が出てきたのか?

気になったので調べて見ました。

プレミアムフライデーの目的ってそもそもなんだっけ?

そもそもの発端としては、

日本政府経済団体連合会を中心として
毎月末金曜日の午後3時(15時)に
仕事を終えることを推奨する働き方改革

経済界が提唱・推進している毎月末金曜日
普段よりもプレミアムな生活を推奨する
個人消費喚起キャンペーンの連携によって

給料日直後にあたる月末金曜日には
夕方に買い物や旅行に充てることを
推奨するもので、

2017年2月の月末である2017年2月24日
から実施されています。

運営団体としては
プレミアムフライデー推進協議会となり、

プレミアムフライデーナビゲーターとして
関ジャニ∞を起用してます。

関ジャニ∞のメンバーが出演する
PR動画も作成されました。

実施してから見えてきた課題・問題点は?

月末の金曜日に早めに仕事を終えることで
空いた時間を使って

みんなにたくさんお金を使ってもらおう!

ということで始まりましたが、
そんなに上手いこといかないのが
今の世の中です…

収入の減少

ここ数年で非正規労働者が増えてきており、
時給で働く人が意外と多いんです。

そうなると正社員以外の方は早めに
仕事を切り上げるとその分収入が減ります

スポンサードリンク

収入が減るとどうなるのか…

消費税率の引き上げに続いて収入の減少
なんて起きた日には当然消費しないように
節約を心掛けるようになるでしょう。

つまり全くの逆効果というやつですね!

そんな私も本職は完全な時間給では
ありませんが労働時間が減ると給料が
減るので、

プレミアムな生活どころか

生活費が圧迫されてどんどん苦しくなる

一方です…

サービス業へのしわ寄せ・負担増

消費を促すということはお店側は
その時間に開店していなければいけません。

普段であれば17時か18時頃から開けていた
お店を15時で終わるサラリーマンたちに
合わせて開店準備をしなければいけなく
なります。

そうすることでサービス業の労働者は
労働時間が増えるのでその人たちの
余暇を完全に奪う形になります。

その結果しわ寄せで負担が増えることが
懸念されています。

決算作業との競合

事務職の方なら分かると思いますが
月末といえば月次決算処理ですよね!

これが重なってしまうと15時に退社なんて
できるわけがありません。

実際に月初の金曜日に変更して欲しいとの
要望が各所から出ているようです。

特に3月の月末なんて早期退社が圧倒的に
困難です。

中小企業はそもそも実施できない

中小企業の場合は顧客が複数いることが
少なくないため、全ての顧客の理解
得られなければプレミアムフライデーを
行うことができません。

事実、プレミアムフライデーを実施した
中小企業は2.4%で、

特に運輸業に関しては0%

つまり皆無という結果になっています。

スポンサードリンク

銀行をはじめとした金融関係の職場でも
月末の金曜日午後は特に忙しいため

職場内ではそもそも話題にすらならない
そうです。

私は金融関係ではありませんが、
プレミアムフライデーの存在自体を
しばらく忘れていました。 (笑)

プレミアムフライデーは余裕のある大企業が
先行して制度化しており、そこから取引先の
中小企業にどれだけ波及・一般化できる
のかが一番の課題になっています。

ただし、中小企業側では取引内容の見直し等
まで手をつけないといけない面もあるため

現状ではハードルがとても高くなっています

結局どうなったの?

一部の企業では行なっているところもある
ようですが、基本的には全く浸透していない
のが現状です。

正直とても見切り発車感があり、これらの
課題は実施前に分からなかったのかと
問いただしたいくらいです。

普通に考えれば分かるような気もしますが…

まとめ

今回は最近めっきり聞かなくなった
プレミアムフライデーについて
取り上げてみました。

  • プレミアムフライデーは個人の消費を促す運動
  • ほとんど実施されていない
  • 非正規雇用者にとっては逆効果
  • 課題や問題点がいっぱいある

まだまだ始まって1年ちょっとしか
経っていませんが、

今後良くなるのか

それともこのまま消滅してしまうのか

政治家の方々にはもっと頑張っていただき
たいなと思います。

スポンサードリンク







この記事が気になった方はシェアお願いします!

フォローする