Skypeで相手の声が聞こえないのはESETが原因だった!?【Mac】

Skype for Macをインストールしたは良いけど、

相手の声が聞こえないことってありませんか?

他の通知音等は普通に鳴っているのになぜだろう?

「Skypeテスト通話」に電話を掛けて見ても10秒程度で勝手に切れてしまう…

そんなあなたは「ESET Cyber Security Pro」(以降 ESETと表記)を使っていませんか?

ESETのファイアウォールで弾かれる!
対策法について

ESETを使っていると、その機能によって Skypeの通話が遮断されます。

正常に通話する為には、 Skypeの通話を許可してあげなければいけません。

その手順をご紹介します。

ESETだと決めつけるその前に!

まずは本当にESETが原因なのかを見極めます。

ファイアウォールを一時的に無効にする手順が含まれています。

セキュリティが気になる方はこの操作はしなくても問題ありません。
その際は次の「ESETでSkypeを許可しよう!」から作業してください。

ESETを開きます。

次に、設定にあるパーソナルファイアウォールを開きます。

特に触っていなければ、有効になっているはずなので、一時的に無効にします。

その後、Skypeで「Skypeテスト通話」を探し、電話を掛けます。

ここで音声が聞こえればESETが犯人です。

ESETでSkypeを許可しよう!

さて、犯人だと分かったらあとは設定をするだけです。

まずは設定に戻り、「詳細設定を表示する…」を選択します。

ネットワークを選びます。

右上のフィルタリングモードが「自動モード」になっているのを確認し、

そのままで左下の追加をクリックします。

出てきたウインドウに、アプリケーションフォルダからSkypeをドラッグします。

名前は自分の分かりやすい様に書けば良いです。

今回はSkypeの許可なので、

「Skype」もしくは「Skype通話」と入力すれば分かりやすいかと思います。

アクションを「許可

方向を「両方」にします。

ログルールはどちらでも構いません。

(ログを残すかどうかの違いです)

プロトコルを「TCP&UDP

ポートを「リモート

リモートポートを「すべて

にそれぞれ選択します。

宛先を「インターネット全体」にします。

この様に一覧にSkypeが表示されていればOKです。

試しに「Skypeテスト通話」に電話を掛けて見ましょう。

ガイダンス音声が聞こえるはずです。

最後に

いかがでしたか?

無事にガイダンス音声は聞こえましたか?

ちなみに、ガイダンス音声が聞こえた時点で問題は解決していると思いますが、

念のため自分の声も確認しておきましょう

ガイダンスに従って、マイクに向かって喋り、声が聞こえてくればOKです。

この方法、ESETの公式ページには記載があるんですが、

そもそもSkypeの問題だと決めつけていた私は見る訳もなく、

サポートコミュニティでも有効な解決策が示されてなくてずっと悩んでいました。

ガイダンス音声が聞こえてきたときはとても嬉しかったです。

この記事を読んで、同じ様に悩んでいる方の助けになればと思います。

スポンサードリンク







この記事が気になった方はシェアお願いします!

フォローする