Macのキーボード、USじゃなくてJISにしませんか?メリットとデメリットを比較!

この記事が気になった方はシェアお願いします!




これからMacを購入する人、既にMacを使っている人

あなたはどちらのキーボードが良いと思いますか?

ネットではUSキーボードの方が優勢みたいだけど、

買う前に一度比較して考えてみましょう!

スポンサードリンク

USキーボード

まずはUSキーボードのメリットとデメリットから見ていきましょう!

メリット

見た目がかっこいい

パッと見たときにUSを使っているとやっぱりかっこいいなって思いますよね!

その理由は、

  • 合理的な配列
  • ボタンに印字されている文字が基本的に1つずつ(記号は2つ)

USはほぼ左右対称になっていて、

各種記号類もJISに比べて分かりやすい様に配置されています。

そして、JISの様にひらがなが表記されていないので

ボタンに記載されている文字が少ないのでスッキリして見えます

ホームポジションがPC全体のほぼ中央になる

上述の様に、ほぼ左右対称になっているので、

多少左にずれてはいますが、JISよりは中央に寄っているので違和感が少ないです。

returnキーが近い

ホームポジションが中央に近い上に

returnキーが横長になっているので、

JISに比べてキー1つ分近くなります

deleteキーが大きい

使用頻度が比較的高いdeleteキーが大きいので押しやすいです。

そのサイズは、JISの約1.5倍!!

デメリット

対して、USキーボードのデメリットはというと…

「英数/かな」キーがない

日本語入力には欠かせない、ローマ字入力と英字入力の変更ができません。

ただし、アプリを使うことによって解決できます。

つまり、左右のcommandキーをそれぞれのキーに割り当てるのです。

アプリで設定をする為、
アプリのアップデートや不具合、OSのアップデート等により変換できなくなることがあります。
しかし、「command + スペース」でも切り替えられるので深刻な問題ではないですね。

記号の配置が違う

メリットの方に合理的な配置と書きましたが、

仕事等でWindowsやJISキーボードを使う方にとっては

頭を切り替えるのが大変です…

ただし、他人のPCを使うことがなく、

さらに、英語の入力が多い方や、

プログラミング言語等を入力することの多い方はこの2つのデメリットは関係ありませんね。

スポンサードリンク

JISキーボード

ではJISだとどうでしょう?

メリット

慣れた配置なので戸惑いが少ない

やはり慣れている配置の方が結局楽です。

「英数」キー、「かな」キーがある

Windowsのキーボードとの決定的な違いでもあるこのキー

必要ないんじゃないの?と言う方もいますが、

今どちらのモードか分からない時、

いちいち見て確認するよりも、

どちらか分からないけどとりあえず「かな」キーを押せば

ローマ字入力モードになるので楽じゃないですか?

(確認する手間が省けます)

英字モードも同じです。

USだとアプリで割り当てないといけませんが、

JISだとデフォルトでそうなっています。

controlキーがAの左横に配置されている

controlキーって結構便利なんですよ!

ショートカットキーを使うときでもホームポジションを一切崩すことなく

押すことができます。

USだとこの場所には、日本語を入力する上では滅多に使うことのないCaps Lockキーが鎮座しています。。。

controlキーのショートカットについてはこちらの記事をご覧ください。

Caps Lockキーとcontrolキーの役割を入れ替える方法も記載しています!

Macのショートカットを駆使して作業効率のアップを狙う【control編】

日本語が入力しやすい

いやほんと、何と言ってもこれですよ!

上述の「英数/かな」キーもそうですし、

日本語の記号もちゃんとある!(「」等)

デメリット

見た目が美しくない

左右対称ではないし、ホームポジションは左に寄っています。

左上の「1」はなんでこんなにでかいんでしょう・・・

deleteキーが小さい

結構頻繁に使ってる人もいるんじゃないでしょうか?

それなのに小さい・・・

USはちゃんと大きいのに!!

と言うか、

「1」を大きくせずに「delete」のサイズを

USと同じにすればよかったじゃん!!

なんでそっちをでかくしたの!?

(すみません、取り乱しました…)

ただ、この問題はcontrolキーのショートカットを使えば解決します。

controlキーのショートカットについてはこちら

スポンサードリンク

まとめ

日本語を入力する上で、

returnキーはかなりの頻度で使用します。

なのでボタンのサイズがでかいのです。

英語を入力すると分かりますが、returnは改行する時くらいにしか使いません。

だから小さいのです。

(USの方が近い分押しやすいという意見もあります)

逆にスペースをめっちゃ使うから横にあれだけ広いんですね!

それぞれに、ちゃんと意味があるのです

私は仕事柄、他人のPCを使う場面が非常に多いため

JISキーボードを使用しています

どちらにも良い点、悪い点があるので、

自分の環境に合わせて適切なキーボードを選んだのであれば、

問題ないと思います。

それでも、

「かっこいいから」USキーボードが良い

という方は止めません。

ただし、かっこいいのと楽なのはイコールではないのです。

それだけ頭に入れておいていただければと思います。

スポンサードリンク







この記事が気になった方はシェアお願いします!

フォローする